Notice: Use of undefined constant DEF_BASEHTTP - assumed 'DEF_BASEHTTP' in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_com.php on line 27 Notice: Undefined index: PATH_INFO in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_general.php on line 32 Notice: Undefined index: news_order in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 35 Notice: Undefined variable: data_list in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 75 Notice: Undefined variable: errmsg in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 87 家入レオ/初めてシンガーに専念したニューシングル!ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌!「ずっと、ふたりで」7月26日リリース!!初の日本武道館公演のライブ映像作品も同時発売!!/うたまっぷモバイル for SMARTPHONE
歌詞検索 - うたまっぷ スマートフォン(SMARTPHONE)
家入レオ
初めてシンガーに専念したニューシングル!ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌!「ずっと、ふたりで」7月26日リリース!!初の日本武道館公演のライブ映像作品も同時発売!!
初めてシンガーに専念したニューシングル!ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌!「ずっと、ふたり

★Music Video★
4月30日に自身初となる日本武道館公演を開催し、超満員の観客を熱狂の渦に巻き込み大成功に収めたばかりの家入レオが、早くもニューシングル「ずっと、ふたりで」をリリースする。福士蒼汰の主演で贈る日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌で、主人公の心情と見事にリンクした歌詞世界も注目のミディアムバラードだ。そんな今作は、AKB48、乃木坂46、嵐の楽曲提供で知られる杉山勝彦が作詞・作曲を手掛け、家入レオとしては初めてシンガーに専念している。一体彼女にどのような心境の変化があったのか?そこで、家入レオを直撃し、「ずっと、ふたりで」誕生の経緯から、同時発売のライブ映像作品『5th Anniversary Live at 日本武道館』について話を聞くと、次々と驚きのエピソードが飛び出した。彼女の心中にあるであろう遠大なビジョンは全く計り知れず、今後の動向までもが益々気になるインタビューとなった。

日本武道館ライブに音楽との向き合い方を変えられた

──自身初の日本武道館公演を大成功に終えたばかりですが、早くもニューシングル「ずっと、ふたりで」がリリースとなります。福士蒼汰さん主演の日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌ですが、杉山勝彦さんの作詞作曲で家入さんが初めて歌手に専念されていて驚きました。自身のブログに、「この武道館でのライブが私に教えてくれたこと、与えてくれたこと、分かってしまったこと。が、あって、でもあったから、『ずっと、ふたりで』という曲に辿り着きました。ここから、もう既に色んなことがはじまっていたように今思います!」と綴られていましたが、具体的にどのような想いから今作に辿り着いたのでしょうか?
ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のプロデューサーさん、監督さんとお会いして、作品のテイストからこういう雰囲気の曲かなと自分で2曲程作ったんです。当初はそれをプレゼンしようと思っていたんですね。そのプレゼンの前に日本武道館ライブがありました。デビュー前から憧れていた日本武道館で歌って、今後の音楽との向き合い方を変えられてしまったように思います。あの日、私は自我ではないんだなと分かって。
──それはどういう事ですか?
今までは日々生きている中で消化しきれない気持ちが自分の中でドンドン溜まって行って、その気持ちをライブでゼロに戻して行くのが私の生活スタイルとしてありました。私自身を解放する事で、ライブに来てくれている皆さんも普段言えないような想いをライブにぶつけられるのではないかと思っていました。でも、今振り返ると心のどこかで「私を分かって欲しい」という気持ちが先行していたような気がします。だけど、日本武道館は5周年を記念して立たせて貰った一夜限りの特別なライブでしたし、来てくれた皆さんのためだけに歌おうと初めて思いました。そう思うのが遅すぎたかもしれないし、私自身とても恥ずかしいんですけど、自分云々ではなく初めて「ありがとう」という想いで歌ったんです。結果的に多くの方々から「すごく良いライブだったね」という言葉を頂いて、自我ではないんだなと思いました。
また、5年間の活動を通して家入レオのイメージが世の中にある程度浸透してきて、これからはそのイメージを壊して遊んで行く事も楽しんで良いんじゃないかと思うようにもなりました。それで、今回のドラマ主題歌は作詞作曲を預けてみようかなと考えました。シンガーに徹しようと思って「ずっと、ふたりで」という曲に辿りつきました。
──ドラマのプロデューサーさんのコメントには「家入さんには第1話の脚本をお渡しして主題歌の制作に臨んで頂いたのですが」とありました。杉山さんに作詞作曲をお願いしたのは、どのような経緯だったんですか?
デビュー前に中島美嘉さんの「一番綺麗な私を」を聴いて、すごくいい曲だなぁと思って作詞作曲をされた杉山さんの名前は覚えていました。デビューしてからいつか杉山さんとお仕事が出来たらいいなと思っていたんですけど、ご自身で作詞作曲をなさって、あまり共作をされないという風に聞いていたので、ご縁が無いかもしれないと思っていました。今回、私自身はシンガーに徹しようと決めて、誰に楽曲制作をお願いしようかなと考えた時に、やっぱり杉山さんがいいなと思ってスタッフからオファーして貰いました。すると杉山さんも「実はずっと家入さんに曲を書きたいと思っていました。でも、ご自身で曲を作られるから実現は難しいかなと思っていたんです」と言われて(笑)。様々なアーティストに楽曲提供をされているので、杉山さんの曲を歌いたいというアーティストさんは沢山いると思います。だから、私に曲を書きたいと思っていたと言われて、とても嬉しかったです。それなら是非とお願いして上がって来た楽曲が「ずっと、ふたりで」です。私の声を当ててみて絶対にこの曲だなと思ってドラマの制作陣にプレゼンし、主題歌に決定したという流れでした。
──杉山さんの名前をずっと覚えていたんですね。
それだけ「一番綺麗な私を」が強烈だったというのもあります。それに、普段から曲作りをしていると、「この曲は誰が作っているんだろう?」というアンテナは常に張っています。お仕事をしてみたいと思った作家さんの名前を記憶したり、その人がどういう人でどういうスタイルで曲を作っているのかを周りに聞いたりもしますね。今回のように、そういうところから話が広がって行く事もありますから。
──これからは、逆に作家さんやアーティストさんが家入さんの情報に聞き耳を立てそうです(笑)。
そうですかね(笑)。でも、今回、杉山さんにお会いしてみて、自分とは曲作りのアプローチが全然違っていて面白かったです。膨大な時間を掛けて緻密に1曲を作られたりしていて、私にはとても真似は出来ないなと思いました。それで、そういう人たちに認められるにはどうしたらいいんだろうと考えると、「私が作った世界観を歌で表現できる人は家入レオしかいない」と言って貰えるように、常に自分を磨いておかなければならないと強く思いました。それに最近、歌う事が簡単に考えられ過ぎているように思います。作詞作曲が出来る事も必要とかプラスアルファの力が求められたり、そういう風潮が言わずもがなあるような気がしていて。もちろんそこも大事なのも分かります。しかし、美空ひばりさんは、どのような歌を歌っても有無を言わせない歌唱力と表現力で、今なお人々を魅了し続けています。だから、今回歌う事に専念する事は私にとって挑戦でしたし、挑戦して良かったとすごく思います。

今歌うべき運命の曲

──「ずっと、ふたりで」の楽曲制作はどのように進められたんですか?
自我と距離を置く事が最大のテーマだったので、曲作りは全て杉山さんにお任せしました。曲が上がってきた後に、例えば私が歌うにあたっての歌詞の言葉尻とか細かい部分で多少のディスカッションはしました。ですが、シンプルに私が歌う曲という事で曲作りをお願いしたので、「レオちゃんに合う曲はこれだと思います」と最初に曲が上がって来た時に、ドラマの内容にもピッタリで驚きました。
──杉山さんは『愛してたって、秘密はある。』の主題歌という事を知らなかったんですか?
台本まではお渡ししていなかったので、歌詞を読んで驚いたんです。歌い出しの「“あたしを全部知ってしまっても/変わらず好きでいてくれるかな?”」は、主人公の心情が見事に重なっていますし、そういう意味でもこの曲は運命だと思ったんです。ドラマの制作陣も作品にハマっていると太鼓判を押してくれました。
ただ、仮歌を聴くのと実際に歌うのとでは消化の仕方が全然違うから、私自身が歌うまではどうかなあという気持ちも、少しはありました。でも、声を当てた瞬間に「これは来たな」と思いましたね。自分の声にすごく合っていると思いましたし、今歌うべき曲だなと思いました。
──何故、今歌うべき曲だと?
私が音楽をしている最大のテーマとして、皆の曲になりたいという想いがあります。私自身が曲を作ると、どういう想いで歌詞を書いたのかとか、こういう出来事が曲のキッカケになったとか、私自身の話に繋がって行くように思います。それは皆の曲にはなっていなくて。皆の曲になるためにも、自分は真っ白でいなくてはいけないように思ったんです。私が背景になることによって聴いた人それぞれが、例えば「卒業の時にこの歌を聴いたな」「失恋した時にこの曲を聴いたな」と思い出を重ねられるのではないでしょうか。本当に自分の中で様々な気持ちがあって、このタイミングでこの曲を歌うべきだなと思いました。「ずっと、ふたりで」も、聴く人それぞれ受け取り方が違うかもしれませんが、聴く人の数だけ無限に正解があると思いますし、その1つ1つの気持ちを全部大事にしたいです。
──声を当てた瞬間に「これは来たな」と思ったという事ですが、レコーディングはいかがでしたか?
杉山さんからは「家入さんが思うように歌ってください」と言われました。一番良いテイクを採用して、歌うというところでは絶対に届けられるという手応えがあります。
ただ一方で、今まで色々な積み重ねがあって、私が作詞作曲する歌に期待してくれているファンの方も居るかもしれません。その気持ちも大事にしたいです。だけど「ずっと、ふたりで」を聴いて頂けたら、私は絶対に歌を届けられる自信があります。今の私は良い作品を残していきたいという気持ちしかないです。歌い継がれるような曲、カタチだけではなくて皆さんの記憶に残るような曲を届ける。そういうアーティストでありたいとすごく思います。そのためなら、共作する事も、自分自身で曲作りを完結させる事も、作家さんやアーティストさんに楽曲制作をお願いする事も今の私は厭わないです。デビューからの私を分かって欲しくて曲を作っていたところを認めつつも、今22歳の私は、それが少し違うのではないかなと思うようになって。ただ、これから10周年20周年と続いて行くと思うから、その中で自分自身で曲を作る方が良いのかもしれないという答えに辿り着くかもしれません。ですが、今は色んな楽しみ方でやって行きたいですね。

音楽性を残した上で可愛らしい曲に仕上げる

──カップリングの「だってネコだから」は、家入さんが作詞作曲をされています。『5th Anniversary Best』のボーナストラック「I promise you」に続き山口隆志さんのアレンジで、とても可愛らしい曲に仕上がっています。いつ頃に作られた曲ですか?
最近ですね。ナチュラルに日常に寄り添って出来た曲です。最近さくらと仲が良くて。さくらから「レオちん、これ聴いてみなよ」と洋楽のCDを貰ったりもします。
──さくらとは誰ですか?
藤原さくらさんです。彼女はメロディーメーカーとしても優れているし、ルーツミュージックなどの音楽的知識も豊富で、すごいなぁと思います。彼女から貰ったCDを聴いているうちに、こういうアプローチで曲を作るのも面白そうだなと思って、自宅で朝ピアノを弾いていたんです。その時に、すごく良いメロディが出来たのでスグにボイスメモでスタッフに一斉送信しました。そこから「そのまま続行しましょう!」という話になって制作がスタートしました。
──家入さんのインスタグラムを拝見していたら、ピアノやドラムを演奏されていました。
「君がくれた夏」ですよね。ああいう感じでピアノを弾いていたらメロディが出来て。
──ちなみに、ピアノはいつ頃から弾いてらしたんですか?
小さい頃から弾いていました。ただ、デビューしてからはギターを弾く事が多くなって。でも、より音楽的にも世界が広がって、もっと色んな楽器を弾いてみたいなと思うようになって、あらためてピアノに取り組んだのは去年ぐらいからですね。
──ネコが主人公の歌詞ですが、どんなところから発想されたんですか?
私は気まぐれなところがあって「ネコっぽいね」と言われる事が多いんです(笑)。そこから、ネコ目線で歌詞を作った事は無いかもと思って、こういう歌詞になりました。さくらの影響もあって、英語で歌詞を書いてみようかなとか色々考えましたけど、やっぱり私らしさは何かというと、言葉で勝負していく事だと思って。それで山口さん、私はぐっさんと呼んでるんですけど、彼にボイスメモを送って、J-POP感に寄せたアレンジをお願いして、「だってネコだから」という曲が完成しました。
──「家入レオ史上で1番ハモりが多くて」レコーディングは大変だったみたいですね。
リズムも歌詞を歌っているところの上下も、全て私が歌っています。主旋律は問題なく録れてOKでしたけど、ハモリのパートが膨大過ぎて終わらないんですよ(笑)。ハモリの入っていないところの方が少ないですね。
──九州女の家入さんと九州男の山口さんでバチバチだったみたいですが(笑)。
ぐっさんとは、ライブでご一緒したことは無く、アレンジをお願いしたのはベストアルバムの「I promise you」が初めてですが、アルバム制作の時にギタリストとしてお世話になっています。それで、お互いにそういう事を言える仲の良さがあります(笑)。あえてやっているところもあるんですけど楽しかったです。でも、可愛い曲は難しいですね。音楽性を残した上で可愛らしい曲に仕上げるにはどうしたら良いだろうと考えた時に、土台がシッカリしていないといけないんだなと思いました。曲を聴いた時に、軽快で力を抜いているような印象を受けるかもしれませんが、その裏ではかなり音楽的なコード進行やアレンジをしています。面白いなと思って貰えるモノが曲の随所に散りばめられていると思います。
──この曲では「発見もたくさんあったなぁ」という事ですが。
歌詞の「あなたのこと何にも知らないな/わたしにだけ そっと 教えて/あなたの夢の続き」のところを、最初は「あなたのことを何も知らないんだけど/私にだけあなたの弱みを見せて欲しい」と書いていたんです。その部分に、ぐっさんから「男性側からすると、弱みを見せてと言われると見せたくなくなる」という意見を貰って、そういうものなんだと思いました。明るい方向から聞くと逆に弱いところを見せてもいいかなと思うようなので、イソップ童話の「北風と太陽」みたいなものだなと思って、今の歌詞に書き直しました。そういう発見があったところも、歌詞を書いていて面白かったですね。
──また、3曲目はSMBC/三井住友銀行 2017年「ひとりひとりが日本代表。」CMソングで、ウルフルズさんの「ヒーロー」のカバーです。日本人アーティストのカバーは初めてだと思いますが、どのような経緯でカバーされたのでしょうか?
CMのお話を頂いた時に、楽曲は「ヒーロー」と決まっていました。「東京オリンピック・パラリンピックを応援したい」というテーマだったので、私も少しでも力になれたらいいなと思って「カバーさせて頂きたいです」とお返事をしました。トータス松本さんは1つのジャンルと思えるぐらい個性がありますし、カバーするのは難易度が高いんですね。だから、トータスさんに「私の曲です」と言えるぐらいの気持ちを持って取り組まないとカバーは出来ないなと思いました。それで、トータスさんはとても熱く歌われるので、逆に私は爽やかに行こうと思ってアレンジもガラッと変えました。清々しいけど所々に熱いモノを感じられるような「ヒーロー」にしようと思って、私らしい仕上がりになったと思います。
──アレンジは「Bless You」」「Silly」の鈴木Daichi秀行さんです。オリジナルはリズムに特徴がありますが、家入さんバージョンはストレートですね。
テンポも少し早くしています。それに、一人称を「俺」と歌う日が来るんだというのが驚きでしたね(笑)。でも、「俺」と歌いつつも、ヒーロー、ヒロインになりたくて、でもなれなくてと葛藤する気持ちは、老若男女に関係無く誰もが抱えていると思うので、スッと曲の中に入れて清々しくカツーンと歌えました。

まるで映画を観たようなボリューム

──さらに、初の日本武道館公演のライブ映像作品『5th Anniversary Live at 日本武道館』も同時リリースです。実際のライブを拝見しましたが、大きな会場にも関わらず音が素晴らしくクリアで驚きました。「僕たちの未来」のアカペラの幕開けから、家入さんの歌声にゾクゾクしました。
ありがとうございます。
──また、白いワンピースを始めとする衣装はご自身でデザインされたそうですね。
私がデザインしたというよりは、デザイナーさんと一緒に制作した衣装になっています。一番伝えたいのは歌ですし、場面場面の雰囲気に合わせて作り込んで行きたいから、まずセットリストを決めて、その流れで歌って行くとなるとこういう衣装がいいかなと考えて行ってオーダーメイドで作りました。例えば、1分間で急いで着替えなければならない場面もあったので履き易いようにゴムにしていたり、終盤の赤いチェックのロングシャツは私が走った時に風になびくような素材を使っていたり、そういう工夫を沢山施しました。
──ライブの構成から衣装の細部まで考えられた上で、あの熱狂のステージが生まれた訳ですね。この映像作品は、「僕たちの未来」のミュージックビデオを手掛けた坂本あゆみさんが監督をされています。
「それぞれの明日へ」のMVも監督して頂いています。『FORMA』という作品を撮った映画監督で撮影対象への思い入れが強い方なんです。とても熱意のある方だったので、ライブ作品も一緒に制作したいと思ってお願いしました。ドキュメンタリータッチの作品に仕上がっていて、観終った後にまるで映画を観たようなボリュームを感じられると思います。もちろん視聴方法を選べるようになっていて、ライブだけをまるまる通して観る事も、リハーサルのシーン等を交えたドキュメンタリー映画として観る事も出来ます。
──ドキュメンタリー映像も収録されたのには、どのような想いがありますか?
デビュー5周年という節目に、デビュー前から憧れていた日本武道館にファンの皆さんと来られた事は素直に嬉しいです。ただ、日本武道館で皆さんが私に与えてくれたモノを観ていると、ここがゴールでは無くもっと更に先に行けるだろうという事が、あの日に分かったように思います。だから、その私の想いをシッカリと映像でも伝えたいなと思いました。言葉で提示してその目標まで一緒に走って貰うのでは無く、「家入レオはこういう想いを伝えたかったんだろうな」というのを感じ取って貰いたかったから。だから、今回はあえてインタビュー形式を取らず、日本武道館公演のリハーサルや、それ以前の昨年12月に行った東京国際フォーラム公演からカメラが入っていたんです。ライブの舞台監督やバンドのメンバーと話し合っているところも撮影しています。だからこそ、言葉にウソが無いというか、素の私を観て貰えるのではないかなと思います。私だけではなく周りのスタッフやバンドメンバーが、どういう気持ちで私と一緒にやっているのかも垣間見られると思います。
──そこまで密着されて、やり辛く無かったですか?
坂本監督が私の事をすごく理解してくれていて、仕事の妨げになるような事は全くありませんでした。例えば、私が打ち合わせをしている時は遠巻きから撮影していたり、私自身が撮られていた事に気付いていないぐらい距離の取り方が抜群でした。完成された作品を観て、「ここでカメラを回していたんだ!」と私自身が驚いたぐらいです。すごくナチュラルなドキュメンタリー映像になっていると思います。
──そして、9月には東名阪のZeppツアーの開催が決定しています。感謝を伝える5周年とおっしゃっていましたが、日本武道館公演の延長線上にあるようなツアーになるのでしょうか?
日本武道館では間口を広く取って、ベストアルバムと同様にシングルをコンプリートしていたんですけど、Zeppツアーはコアなファン、私を奥の奥まで知りたいと思っているような人たちに向けたアプローチで曲を届けたいなと考えています。昔の曲だったり、面白いライブが出来るんではないかなと思います。
──既に楽曲も考えているんですか?
それこそ日本武道館公演が終わってスグに打ち合わせをしました(笑)。
──日本武道館が終わってスグですか(笑)。家入さんは、本当に立ち止まる事無く走り続けますね。
やっぱり音楽が好きなんです(笑)。音楽をやっている事が好きなんですよね。これも1つのジレンマなんですけど、日本武道館のステージに立ってしまうと、日常でそれを超えるアドレナリンがなかなか出なくて。もう海外に行ってバンジージャンプをするぐらいしか無くなってくるんですよ(笑)。国内のそういうギリギリのアトラクションは、ほとんど制覇しましたね。だから、結局、仕事が楽しくなってしまうんです。それだけ、日本武道館の緊張感は病みつきになるというか、生きている事を強く感じられたんですよね。

初めてシンガーに専念したニューシングル!ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌!「ずっと、ふたり
ジャケット写真は、【初回限定盤 CD+DVD】盤です。
ずっと、ふたりで
〈CD〉
1. ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで <Instrumental>
5.だってネコだから <Instrumental>
6.ヒーロー <Instrumental>

〈初回限定盤 DVD〉
1.ずっと、ふたりで Music Video
2.ずっと、ふたりで MV Making Movie
3.それぞれの明日へ Music Video <Another Version>

【CD情報】 [初回限定盤 CD+DVD] シングル 発売:2017.07.26 VIZL-1203 Colourful Records \1,700(税抜) CD購入 [完全生産限定盤 CD+GOODS(デニムストラップ付スマホリング)] シングル 発売:2017.07.26 VIZL-1204 Colourful Records \2,200(税抜) CD購入 [通常盤CD] シングル 発売:2017.07.26 VICL-37299 Colourful Records \1,200(税抜) CD購入
5th Anniversary Live at 日本武道館
僕たちの未来
Shine
太陽の女神
miss you
君に届け
Silly
チョコレート
君がくれた夏
Message
Hello
I promise you
Free
Too many
Lady Mary
恍惚
Bless You
For you
a boy
純情
Party Girl
Hello To The World
サブリナ
<ENCORE>
Linda
それぞれの明日へ
Last Song 

[Blu-ray] amazonから購入 発売:2017.07.26 VIXL-196 Colourful Records \5,000(税抜) CD購入 [DVD(2枚組)] amazonから購入 発売:2017.07.26 VIBL-861~862 Colourful Records \4,500(税抜) CD購入
オフィシャルサイトはコチラ!
家入レオの歌詞をもっと見る
PC版 家入レオ インタビュー


LIVE
◆5th Anniversary Live at Zepp(全6公演) ●Zepp DiverCity Tokyo 09月06日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START 09月07日(木) 18:00 OPEN / 19:00 START 問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 ●Zepp Nagoya 09月12日(火) 18:00 OPEN / 19:00 START 09月13日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START 問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 ●Zepp Namba 09月20日(水) 18:00 OPEN / 19:00 START 09月21日(木) 18:00 OPEN / 19:00 START 問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888 ◆EVENT 08月03日(木) お台場みんなの夢大陸2017 めざましライブ @スマイルランド HOT SUMMER スタジアム 08月06日(日) WEST GIGANTIC CITY LAND '17 @大阪・舞洲スポーツランド 08月10日(木) コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE @六本木ヒルズアリーナ 08月11日(金) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 @国営ひたちなか海浜公園 ※最新のライブ情報はオフィシャルサイトをチェック! http://leo-ieiri.com/
プロフィール
福岡出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた「サブリナ」を完成させた15の時、音楽の道で生きていくことを決意。 翌年単身上京。都内の高校へ通いながら、2012年2月メジャー・デビューを果たし、1stアルバム『LEO』がオリコン2週連続2位を記録。 第54回日本レコード大賞最優秀新人賞他数多くの新人賞を受賞。翌1月より開催の初ワンマンツアーは全公演即日完売に。 翌2013年春高校を卒業。同年、5thシングル「太陽の女神」で第55回日本レコード大賞優秀作品賞受賞。 以降数多くのドラマ主題歌やCMソングなどを担当。昨年7月には、第30回日本ゴールドディスク大賞BEST 5 SONGS BY DOWNLOADを受賞した2度目の月9主題歌となる10thシングル「君がくれた夏」や日本テレビ系ドラマ主題歌「僕たちの未来」、ユニバーサル映画イメージソング「Brand New Tomorrow」などを収録した4thアルバム『WE』をリリースし、秋には初となる全ホールツアー“5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~”(全国20公演)を開催。 第95回全国高校サッカー選手権大会応援歌を担当し、今年2月に迎えた5周年を記念した初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売。4月には同じく初の日本武道館公演「5th Anniversary Live at 日本武道館」を大成功に収める。
コメント
うたまっぷレビュー TOPへ

うたまっぷTOPへ戻る
プレゼント 音楽活動 音楽交流 雑談
ひらがな歌詞ひらがな検索
投票ランキング
歌詞詳細検索・全文検索
© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.