Notice: Use of undefined constant DEF_BASEHTTP - assumed 'DEF_BASEHTTP' in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_com.php on line 27

Notice: Undefined index: PATH_INFO in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_general.php on line 32

Notice: Undefined index: news_order in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 35

Notice: Undefined variable: data_list in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 75

Notice: Undefined variable: errmsg in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 87
イトヲカシ/山﨑賢人&広瀬アリス出演の映画『氷菓』主題歌 アニメ『ブラッククローバー』エンディングテーマ 豪華ダブルタイアップの両A面3rdシングル「アイオライト / 蒼い炎」11月3日リリース!!/うたまっぷモバイル for SMARTPHONE
歌詞検索 - うたまっぷ スマートフォン(SMARTPHONE)
イトヲカシ
山﨑賢人&広瀬アリス出演の映画『氷菓』主題歌 アニメ『ブラッククローバー』エンディングテーマ 豪華ダブルタイアップの両A面3rdシングル「アイオライト / 蒼い炎」11月3日リリース!!
山﨑賢人&広瀬アリス出演の映画『氷菓』主題歌 アニメ『ブラッククローバー』エンディングテーマ 豪華ダ



★Music Video★
今年6月に1stアルバム『中央突破』をリリースし、4月より3ヶ月にも及ぶ“second one-man tour 2017”も北海道から沖縄まで駆け抜け大盛況に終えた、伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による2人組音楽ユニット“イトヲカシ”。王道の音楽を標榜し、ネット発、路上育ちからメジャー音楽シーンのど真ん中へと快進撃を続ける彼らが、3作連続両A面となるニューシングル「アイオライト / 蒼い炎」をリリースする。累計230万部突破という作家・米澤穂信の学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズ初実写映画化作品で、山﨑賢人、広瀬アリス出演の映画『氷菓』主題歌「アイオライト」と、週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』のアニメエンディングテーマ「蒼い炎」をコンパイルした豪華ダブルタイアップの超強力盤だ。ということで、今回もインタビューの機会を得てイトヲカシを直撃。運命的なタイアップだったという「アイオライト」「蒼い炎」から来年の抱負まで話を聞いた。メジャーデビューからの1年を振り返り2人が今思う事とは?

イトヲカシらしい映画主題歌を

──3作連続の両A面となるニューシングル「アイオライト / 蒼い炎」がリリースとなります。まず、「アイオライト」は、累計230万部突破という作家・米澤穂信さんの学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズ初実写映画化作品で、山﨑賢人さん、広瀬アリスさん出演の映画『氷菓』主題歌です。『氷菓』の公式サイトでもイトヲカシさんが大きく紹介されています。
宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key | 以下、宮田):そうですね。
伊東歌詞太郎(Vo | 以下、伊東):ありがたいです。
──映画主題歌のお話しを聞いた時はどうでしたか?
宮田:映画主題歌は夢の1つではあったので本当にありがたいという気持ちと、有名なミステリー小説ですし、僕らも原作が好きでアニメも知っていたので驚きが一番大きかったですかね。
伊東:映画主題歌というのは物凄く大きな話だと思うんですよ。最初にお話しを頂いた時はビックリしたのと同時に、正直なところ「本当かな?」みたいな気持ちでしたね。実感が湧かなかったというか。
宮田:映画の予告編が公開されてジワジワと実感が湧いてきています(笑)。
──曲作りはどのように進められたんですか?
宮田:今回は書き下ろしです。
伊東:原作小説とアニメも知っていましたし、映画も初号試写を観させて頂いて。
宮田:その試写の後、最初にプロデューサーさんと打ち合わせをしました。
伊東:ありがたい事にイトヲカシらしい楽曲をというお話しを頂いて、僕たちのクリエイヴィティを信頼してくれたのかなと感じました。そして、監督の安里麻里さんとも打ち合わせをさせて頂いた上で書き下ろしました。
宮田:綿密にやり取りをしたりキャッチボールを繰り返した訳では無くて、ほとんど僕たちに任せてくださって。映画から受けた印象をアウトプットして提出させて頂いた感じですね。
──プロデューサーさんや安里監督から楽曲に関して注文は無かったんですか?
宮田:バラードかアップテンポのどちらで行くかぐらいですね。スローテンポでは無くというお話しぐらいでした。
伊東:打ち合わせでお話しをさせて頂いた印象ですが、恐らくお二人とも、お互いのクリエイティヴィティを大切するタイプだったのかなと。価値観を押し付け合わないというか、お互いを尊重し合って作品を作る事が出来たと感じています。
──初号試写をご覧になってどんな印象を?
伊東:アニメでは千反田えるさんという女の子の瞳がすごく印象的に描かれていました。映画は原作がベースにありつつ、アニメで印象的な千反田さんの瞳で主人公の折木奉太郎君を見つめるシーンがプラスオンされているなと。つまりは、原作にアニメの良さも取り入れているような、すごくハイブリッドな作品という印象を受けましたね。
宮田:すごく爽やかなストーリーだなと思いました。主人公の省エネ人間・折木奉太郎君が、えるちゃんと出会って変わっていく姿がすごく煌びやかに見えましたね。
──原作を読みましたが、人が殺されたり犯罪の起きないミステリーで。
伊東:そうなんですよ。殺人事件が起きないミステリー、そこがやっぱりいいところですよね。
──その世界観にピッタリな爽やかな楽曲に仕上がりました。
伊東:「アイオライト」の制作は、二人で「主題歌はこんな感じだよね」という話をそんなに詰める必要が無かったんです。試写を観て、プロデューサーさん、安里監督の想い描いているお話しを聞いて、二人とも同じ事を感じたんだと思います。それで、お互い感じた想いをクリエイティヴに落とし込んで行ったので、正直いつも通りに作ったっていう感じが強いです。
宮田:「だよね」って感じでした(笑)。一緒に制作していて「こういう感じだよね」「やっぱりそうだよね」っていう。映画から受けたインプットに対して、お互いの感性が一緒だったのは嬉しかったですね。本当にストレスなく制作できました。
──ちなみに、出演者の方々にもお会いになったんですか?
伊東:完成版の試写会の時に、千反田える役の広瀬アリスさんとお会いしました。映画が終わって場内が明るくなった直後はなかなか目が慣れなくて。映画館の外に出てようやく目が慣れてきたところにふっと横を見たら「あれっ!?広瀬アリスさん!」みたいな(笑)。すごく驚きました。それで、お話しをさせて頂いたんですけど不思議な感覚に陥りましたね。だって、さっきまで映画の中で観ていた人が目の前に居るんですから。

運命的なタイトル

──映画のどのようなところからイメージを膨らませて行ったのですか?
伊東:映画全体から受けた印象からですね。いつも通りですが、タイアップ作品の世界観とイトヲカシらしさの真ん中を取る事は絶対にしたくないので、まずは作品と僕たちの想いや生き様の重なる部分を探して行きました。『氷菓』の主人公・折木奉太郎君は省エネ男子なんです。いかにカロリーを使わないで生きて行くかを考えるような、ニヒルで冷めた、要は面倒くさがり屋なんでしょうね。思春期の頃はそういう気持ちになりがちのように思いますけど、僕らにもそういうところが絶対あると思うんですね。
宮田:イトヲカシは路上ライブを周ったり、音楽においては省エネとはかけ離れたところもありますけど、私生活とか音楽以外に対して割くカロリーがあんまりないというか(笑)。
伊東:僕たちも似たところがあるなという一致点を見つけたその時に奉太郎君に没入して行ったんです。それで、古典部の部室の扉を開けた時に千反田えるさんが居る情景や、彼女のあの瞳に見つめられた時の奉太郎君の気持ちが頭の中に浮かんで歌詞に描いて行きました。なので、意図して奉太郎くんの視点で書こうとしたのではなく、奉太郎君に没入して行った結果、歌詞が書き上がったというのが正直なところです。
宮田:サウンド面も、僕たちが考える王道の範疇に収まるように。それも意識するというよりかは、自然にストレスなく出てきたモノを信じて制作して行きました、その上で、煌びやかさやスピード感を込められればと思いましたね。
──「アイオライト」というパワーストーンをタイトルにされたのは?
伊東:楽曲が完成した後にタイトルを決めました。実は、二人とも「アイオライト」という石を全く知らなかったんです(笑)。アイディアを出していく段階でいろいろ調べていたら、「アイオライト」という素晴らしいパワーストーンが見つかって。
宮田:これはすごくタイトルらしいワードだと。
伊東:青春を描きたかったんですけど、「アイオライト」を早口でシュッと言うと「アオ」みたいな(笑)。
宮田:後から知ったのですが、別名をブルーサファイアと言うそうです。
伊東:アイオライトの持つ意味が「人生においての道しるべ」とか「物事の二面性に気づかせることで本質を指し示し、真実を見定める力をもたらしてくれる」という事は、タイトルを決めた後に知りました。でも、この石が持つ意味も映画の世界観とマッチしていて良かったですよね。
宮田:映画の内容とかけ離れた相当ナンセンスな意味だったら大変だったかも(笑)。
伊東:石の持つ意味が、例えば「嫉妬」だったりね(笑)。
宮田:そういう所も含めて運命的なタイトルだったなと。言霊の力みたいなのがあったのかなって思います。
──原作の中にはイトヲカシさんを連想させるようなワードもあって、そういうところも運命的な繋がりを感じます。
伊東:『氷菓』という映画に寄り添う事も、花を添える作品にも出来たのではないかなと思っています。
宮田:何が良くてそうなったかというよりは、トータルで映画に合致した楽曲となったのかなって。映画を観た時にハマっているなと思ったので。
伊東:完成した主題歌に、まずは自分たちがそういう評価を下す事が出来て1つ満足かなと思います。

自分たちに正直に活動していきたい

──一方の「蒼い炎」は、週刊少年ジャンプの人気漫画『ブラッククローバー』のアニメエンディングテーマです。「夢に向かってあきらめない」というテーマの冒険ファンタジーですが、楽曲制作はどのように進められたんですか?
伊東:原作の漫画を読ませて頂いて、掛け値なしに面白かったんです。魔法が当たり前の世界で、主人公は魔法が一切使えません。それなのに「俺は魔法帝、魔法の王様になる」と言っているから、周りの人たちの笑い者になりますよね。でも、彼は自分の肉体を鍛え上げて、その結果、鉄を扱う事が出来るようになるんです。鉄は魔法が効かないんですね。魔法は使えないけど魔法が効かない。さらに、鍛え上げた肉体で不可能をドンドン可能にして行く。努力が報われていく物語に爽快さを感じて、まず漫画が好きになったというのがあります。そこからタイアップ作品とイトヲカシの重なる部分を探す前に、ライブで披露した事はあっても音源化はしていなかった「蒼い炎」という楽曲と『ブラッククローバー』の世界観が、もう一致しちゃったなと思って(笑)。
宮田:やっぱり二人で作った「大好きな子供たち」には、いつか日の目を浴びて欲しいという気持ちが常にあるし、コンセプトが合致しているから「蒼い炎」がハマるんではないかって。実際、アニメの制作サイドの皆さんもすごく気に入ってくれてエンディングテーマに起用して頂く事になりました。
──歌詞も変えなかったんですか?
宮田:変えてないです。
──それなのにストーリーと歌詞が見事に合致しています。
伊東:これほど合致しているなら、この曲だろうと自信を持って出しました。
宮田:運命的だなと思います。全て繋がっているかなと。
──そんな「蒼い炎」の歌詞に「案外僕たちは高い理想をかかげて/6年とか 3年じゃ登れない高さだ」というフレーズがあります。取材の締めに、今後の活動に向けてお二人の理想をお聞かせ頂けますか?
伊東:誤解されないように僕たちの音楽を広めて行く事ですかね。ただ、何でもいいから広まればいいという考えは自分の中には無いし、それでは結局広まらないような気がします。もっと言葉を大切に、音楽を作る上もそうだし、自分が発信する言葉に今まで以上に責任を持つ事で、その結果、より多くの人に聴いて貰える事に繋がるんじゃないかと僕は思っているんですね。多くの人に聴いて貰いたいという願いが変わらないからこそ誤解されないように、つまりは正直に音楽をやっていく事が僕たちの理想を達成する近道なのではないかなと思っています。
宮田:具体的な夢は沢山あります。それこそ今回の映画主題歌もまさにその1つです。ただ、そういう風に上ばかり見ていると躓いてしまうかもと最近思うんです。だから、地に足を付けて、自分にウソをつかないで、ずっと音楽を続けて行きたいなと思いますね。イトヲカシらしく活動していくというのはどういう事なのかを考えながらやって行きたいなって。
──さらにもう1つ、来年に向けての抱負をお聞きかせ頂けますか?
伊東:繰り返しになりますが、やっぱり自分たちに正直に活動していきたいです。なかなか言葉にするのは難しいんですけど、それ以上でもそれ以下でもないですかね。それに、今は先に予定を立てるというよりかは、まず自分たちの足元を見る時期なんじゃないかなと思っています。
宮田:後ろ向きでは全然無いんです。さっきも話した通り、この1年間の活動を振り返った時に、あらためて足元を見る事も必要だなと思っていて。
──取材を重ねて、常にお二人は前へ進むためにどうするかを考えているように思います。そのために今必要なのが足元を見る事なんですね。
伊東:それだけは間違い無いです。僕たちの音楽をより多くの方々に聴いて貰うためにはどうしたら良いか、僕たちの音楽を聴いてくれる皆さんに喜んで貰うにはどうしたら良いかをひたすらに考えているだけなんです。今話している事やこれからやる事も全部そのためだと思って貰いたいし、それが誤解の無いように皆さんに伝わったらいいなと思います。

山﨑賢人&広瀬アリス出演の映画『氷菓』主題歌 アニメ『ブラッククローバー』エンディングテーマ 豪華ダ
アイオライト / 蒼い炎
1. アイオライト

2. 蒼い炎
3.アイオライト(Instrumental)
4.蒼い炎(Instrumental)

〈DVD〉
・「アイオライト」Music Video

【CD情報】 [CD+DVD] シングル avex trax 発売:2017.11.03 AVCD-83915/B \1,574(税抜) CD購入 [CD] シングル avex trax 発売:2017.11.03 AVCD-83916 \926(税抜) CD購入
オフィシャルサイトはコチラ!
イトヲカシの歌詞をもっと見る
PC版 イトヲカシ インタビュー


LIVE
<映画『氷菓』> 11月3日(金・祝)全国公開 hyouka-movie.jp 累計230万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」初実写映画化。 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする “省エネ主義” の折木奉太郎は、姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢さま・ 千反田える。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼される・・・。旧友、福部里志、伊原摩耶花も加わり、神谷高校新生古典部として活動を開始した彼らは、事件の真相へと迫ってゆく―。 主演、折木奉太郎に山﨑賢人、千反田えるに広瀬アリス。そして小島藤子、岡山天音ら、フレッシュキャストが豪華競演。甘くて冷たい!?謎解き青春学園エンタテインメント。 キャスト 山﨑賢人  広瀬アリス 小島藤子  岡山天音 天野菜月  眞島秀和  貫地谷しほり(特別出演) 本郷奏多 / 斉藤由貴 原作:米澤穂信「氷菓」(角川文庫刊) 監督・脚本:安里麻里 主題歌:イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス 製作:「氷菓」製作委員会 制作プロダクション:角川大映スタジオ 配給:KADOKAWA
プロフィール
伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による、2人組音楽ユニット。日本語を大事にした歌詞・メロディセンス・力強い歌声が織りなす琴線に触れる楽曲を、他者とは一線を画す展開で発信する2010 年代型アーティスト。メディアでは顔出しを行っておらず、その素顔はライブ等でしか見ることが出来ない。 2人は中学時代からの同級生であり、初めて結成したバンドのメンバー。卒業後、別々の音楽活動を経て再会し、各々が培った音楽を一緒に発信すべく2012年にイトヲカシを結成。以降、インターネットの世界への音楽投稿・路上ライブ、様々なアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をユニット/ソロ並行して行い、投稿動画総再生数は2,500万回以上、twitterフォロワー数は併せて70万人を突破、路上ライブ総動員数3万人以上と異例な存在となる。 4年間の準備期間を経て「イトヲカシ無期限活動開始」を宣言し、2016年よりイトヲカシの活動を本格化。 2016年5月11日に初の全国流通盤ミニアルバム『捲土重来(けんどちょうらい)』をリリースしオリコンウィークリー5位を獲得、5月14日~6月11日には自身初の全国ライブハウスツアー「イトヲカシ first one-man tour『捲土重来』」を開催し、チケットは全会場即完売となった。 デビュー前からROCK IN JAPAN FES.2016 にも出演し、2016年9月21日に「スターダスト / 宿り星」で満を持してメジャーデビュー。オリコンウィークリー14位を記録し、年末にはCOUNTDOWN JAPAN 16/17へも出演した。 2016年冬、ネスレ“キットカット”2017年度受験生応援アーティストに任命され、応援歌「さいごまで」(2017年2月8日リリース「さいごまで / カナデアイ」収録)を書き下ろした。この楽曲が全国のラジオステーションから熱い支持を受け、全29局でパワープレイに決定。ビルボードJAPAN ラジオチャート1位を獲得した。6月21日には待望の1stフルアルバム「中央突破」を発売。未発表曲「アイスクリーム」がテレビ東京 木ドラ25「さぼリーマン甘太朗」エンディングテーマに決定したほか、最新曲「アイオライト」が11月公開の映画『氷菓』の主題歌にも続いて抜擢されるなど話題を呼んでいる。
コメント
うたまっぷレビュー TOPへ

うたまっぷTOPへ戻る
プレゼント 音楽活動 音楽交流 雑談
ひらがな歌詞ひらがな検索
投票ランキング
歌詞詳細検索・全文検索
© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.