Notice: Use of undefined constant DEF_BASEHTTP - assumed 'DEF_BASEHTTP' in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_com.php on line 27

Notice: Undefined index: PATH_INFO in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/include/inc_general.php on line 32

Notice: Undefined index: news_order in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 35

Notice: Undefined variable: data_list in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 75

Notice: Undefined variable: errmsg in /home/utamap/public_html/ktsmart/sp/item.php on line 87
FUKI/タイセツな誰かに会いたくなる甘くセツないSummer Song「星が降る夜」7月9日リリース!!/うたまっぷモバイル for SMARTPHONE
歌詞検索 - うたまっぷ スマートフォン(SMARTPHONE)
FUKI
タイセツな誰かに会いたくなる甘くセツないSummer Song「星が降る夜」7月9日リリース!!
タイセツな誰かに会いたくなる甘くセツないSummer Song「星が降る夜」7月9日リリース!!
★Music Video★
デビューから“ラブソング”を歌い続け、そのナチュラルな歌声と寄り添うような歌詞で女性から圧倒的な支持を誇るFUKIが、ニューデジタルシングル「星が降る夜」をリリースする。仕事や学校帰りに1人でふと夜空を見上げた時に募る想い。大切な誰かに今すぐ会いたくなるような甘く切ないサマーソングに仕上がっている。歌詞を見て初めて分かる彼女ならではの言葉遊びも要チェックの1曲だ。ということで、FUKIに直撃インタビューを敢行し、「星が降る夜」の楽曲制作のキッカケから歌詞に込めた想いについて話を聞いた。さらに、自身がメインパーソナリティを務めるFm yokohamaのレギュラーラジオ生番組『YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN』で行っている生ライブや、その番組公式サイトにあるプロフィールの話から彼女の素顔に迫った。

大切な人に今すぐ会いたい想いを歌詞に

──7月9日にニューデジタルシングル「星が降る夜」をリリースされます。プロデューサーのEIGOさんとの共作ですが、どのようなキッカケから楽曲制作がスタートしたのでしょうか?
元々は3〜4年前に作っていた曲なんです。それから時間が経っているので、歌詞が今の私の気持ちと合致しなくて。それで、この楽曲をブラッシュアップしようという話から始まりました。メロディがガッチリ決まってから歌詞を書き直したんですけど。普段の私は詞と曲を同時に作るタイプなんです。
──普段の曲作りはどのように?
ピアノを弾いて言葉を選びながら、歌詞とメロディを同時に作ります。メロディに言葉を当てはめて作詞した経験があまり無いので、すごく悩んで歌詞を書くのに時間が掛かりました。
──恋する人への切ない想いがシッカリと伝わる歌詞に仕上がっています。
疾走感のあるメロディだったので、大切な人に今すぐ会いたい、相手の元へと駆け出したい想いを書こうと思って。私が貯めている歌詞ノートをさかのぼって見ながら、遠距離恋愛していた時や遠くにいる人を想っている時の感情を思い出して歌詞を考えました。大切な人に会えない時ほど会いたい気持ちは募るし、もどかしい気持ちになったりする事があると思います。面白い映画を観たり綺麗な光景を見たりした時に、「あの人と一緒に観たかったな」とか「この美しさを伝えたいな」とふと思ったりもするし。そんな想いを歌詞に込めました。
──「星が降る夜」というタイトルは、どんなところから発想されたのでしょうか?
私は星を見るのがとても好きで、帰り道には必ず夜空を見上げて「今日は星が綺麗だな」とか「星が見えなくて残念だな」とか思ったりします。また、LINE MUSICさんとの企画で大学生と恋愛座談会をした事があって、「好きな人を想うのはどんな時?」という話をしたら、「1人の帰り道に好きな相手を想ってしまう」という意見があって。それを聞いて、私が星を見上げる時も、好きな人を想うシチュエーションも帰り道だったので「コレだ!」と思いました。それに七夕の季節という事もあって「星が降る夜」というタイトルにしました。
──歌詞には、文字で見た時に100%目が留まるフレーズがあります。
曲は普通に聴いて頂いて、歌詞を見た時に胸がキュンとなってくれたらいいなと思って。
──「恋って言ってくれれば 愛にいく準備はもう出来てるから」という表記はどんな風に思い付いたのですか?
以前から、今回のような言葉遊びを歌詞に入れられたら面白いだろうなと思っていました。歌詞が完成した後に考えて、今回はハマると思って文字を置き換えました。是非歌詞を見て頂きたいです。
──一方、歌唱面では大サビのハーモニーも耳に残ります。コーラスもFUKIさんが歌っているのでしょうか?
そうです。他の楽曲もコーラスは全部自分で歌っていますが、今回は難しかったです。ギターソロに行く前の「baby kiss me onemore time」の1行だけでレコーディングに2時間も掛かりました(笑)。時間を掛けてシッカリ仕上げたところなので、ここも注目して聴いて貰えると嬉しいです。
──ちなみに、先程話に出た歌詞ノートにはどんな事を書いているのですか?
思い付いた歌詞を書いたり、常日頃持ち歩いているので、思った事は全部メモするようにしています。だから、ものすごい冊数になっています。スマホにもメモをしますけど、私はノートとペンが好きです(笑)。気に入ったノートを見つけたら、まだページが残っているのに買ってしまうほど好きですね。寝る時も必ずベッドの横に置いて、朝起きてすぐ書いたり、寝る前にも書いたりしています。歌詞ノートは誰にも絶対見せられません(笑)。プロデューサーのEIGOさんでもダメです(笑)。

バーバラ・スミスの正体

──昨年4月より、FUKIさんはFm yokohamaのレギュラーラジオ番組『YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN』のメインパーソナリティーを務めています。生放送というのに驚きました。
ラジオはトークがメインですから番組開始当初は不安でしたけど、リスナーとスタッフの皆さんのおかげで少しずつ慣れて、今は毎回すごく楽しいです。
──番組タイトルの「to the OCEAN」には、どのような想いが?
私は昔から海が好きで、海が近い横浜というのもあって、この番組タイトルになりました。ずっと波の音を流しながら放送しています。海辺にいるような気持ちで番組を聴いて、癒されてくれたらいいなと思って。
──デビュー曲の「キミじゃなきゃ」のミュージックビデオも海で撮影をされています。
そうですね。沖縄に行って撮影しました。
──「星が降る夜」の歌詞にも「覗き込んだ波間に映ったstarlight」とあります。そういうところから、FUKIさんは海に何か特別な想いがあるのかと。
高校生の頃から落ち込んだりした時に海に行くのが日課のようになっていました。一人で海に行き、気持ちを癒したり海には本当に助けられましたね。
──番組には「SEASIDE LIVE LOUNGE」という生ライブのコーナーがあります。先日はアコースティックギターをバックに今井美樹さんの「PRIDE」をフルコーラス歌っていました。「バーバラ・スミスとお届けしています」とおっしゃっていましたが、ギタリストの方ですか?
バーバラ・スミスは私がギターに付けている名前です(笑)。番組で生ライブをするようになってから毎週練習をして、ギターの弾き語りで歌うようになりました。最近新しいギターを買ったので、リスナーの皆さんに名前を募集したんですね。その中から私が気に入ったバーバラとスミスの2つをくっ付けて、バーバラ・スミスと命名しました。
──FUKIさんのギターの名前だったんですね(笑)。生ライブは波の音をバックに歌う独特のスタイルで、聴いていてとても心地よかったです。ちなみに、生ライブで歌う楽曲はどのように決めているのですか?
番組のトークのテーマに沿って決める時と、リスナーの皆さんからのリクエスト曲にする時と両方あります。
──主にカバーですか?
リリース時は私の新曲も歌います(笑)。22時から1時間20分の生放送なので、番組が終わったらそのまま眠りにつけるような曲、癒されるような聴き心地の良い曲を選ぶようにしています。
──ところで、4月にリリースされたデジタルEP「I LOVE YOU」は4曲を収録したカバー集です。収録曲の「アイ」「サヨナラCOLOR」「100万回の「I love you」」の3曲は、波の音をバックに歌っています。それで、このEPは『to the OCEAN』の生ライブコーナーがキッカケで生まれた作品なのかなと思いました。
その3曲は以前からライブで歌っていました。いつも波の音をかけながらアコースティック・スタイルで歌っているので、『to the OCEAN』の生ライブもそうしています。だから、「I LOVE YOU」というカバー集が出来たのも、『to the OCEAN』の生ライブのスタイルも、私のライブがキッカケですね。

ライブで癒しの時間を共有出来たら

──『to the OCEAN』の番組サイトには、FUKIさんのプロフィールがQ&A形式で掲載されています。それによると初めて買った音楽がKinKi Kidsさんの「硝子の少年」で、初めて買ったレコードがPuff Daddy & Faith Evans (Featuring 112)の「I'll Be Missing You」だそうです。
「硝子の少年」は小学生の頃でリリース日にすぐ買いに行って、ずっと繰り返し聴いていました。
──「I'll Be Missing You」も同じ年のリリースでした。小学生の頃から洋楽にもハマっていたのですか?
「I'll Be Missing You」は、中学3年生の時に初めてレコードショップに行って買いました。
──また、ご自身の携帯音楽プレイヤーにはBackstreet Boysの全アルバムが入っているとありました。
大好きですね。Backstreet Boysが来日する時は、いつも空港までお迎えに行っていました(笑)。
──FUKIさんは、どのような音楽、アーティストに影響を受けてシンガーを志すようになったのでしょうか?
安室奈美恵さんが大好きで、彼女の影響で歌とダンスを始めました。小学校に入る前に、テレビで安室さんの「ダンシング・ジャンク」を見て衝撃を受けて、姉と一緒に歌って踊っていました(笑)。安室さんの出演する歌番組を録画しては何度も見て、歌も踊りも真似していましたね。小学生時代は自己流で振り付けも考えるようになって、中学生になってからはダンスと歌を習うようになりました。それで、ダンスにかける曲は洋楽が多いので、そこから洋楽にハマりました。Backstreet Boysは少し違ってアイドル的なハマり方でしたけど(笑)。Lauryn Hillは、小学生の時に映画『天使にラブ・ソングを…』を観て彼女のように歌えたらと思ったので、調べて聴くようになりました。ブラックミュージックは好きですね。
──そんなFUKIさんは「星が降る夜」のリリースだけでは無く、他にも話題が満載です。まず、7月7日より、AbemaTVでスタートする美少年がオトナ女子と恋をする恋愛リアリティショー『私の年下の王子さま』において、自身の楽曲「ホンモノの恋、はじめませんか?」がオープニングテーマ、デビュー曲の「キミじゃなきゃ」がイメージソングに決定しています。2曲とも歌詞が番組内容にマッチしているように思います。
番組の内容を聞いて私もピッタリだと思いました。番組スタッフが私の曲を使いたいと言ってくださったので、とてもありがたいですね。デビュー曲まで掘り下げてセレクトしてくれたのはとても嬉しかったです。
──『私の年下の王子さま』が始まったらFUKIさんの新たなファンが増えそうです。さらにライブもあります。7月25日に東京・代官山LOOPで開催されるライブイベント「SOUL FLOWER」に出演が決定しています。
代官山LOOPは以前から単発のライブに出演していて、今年4月からは毎月1回ライブをさせて頂いています。出演する他のアーティストさんも含めてアコースティックの生音だけでやっているイベントで、皆でワイワイ盛り上がるというよりも、ゆったりと音楽を楽しむ感じで毎月開催しています。平日ですし仕事や学校帰りに気軽に立ち寄って頂いて、皆さんと癒しの時間を共有出来たらなと思います。1曲1曲シッカリと良い作品を作って、より多くの方々に私の歌を届けたい。シンプルに今はそれしか考えていなくて。だから、これからも沢山のライブをして行きたいです。

取材・文:岡村直明

タイセツな誰かに会いたくなる甘くセツないSummer Song「星が降る夜」7月9日リリース!!
星が降る夜
1. 星が降る夜
【CD情報】
【配信シングル情報】
Digital Single
ビクターエンタテインメント / AndRec
発売:2018.07.09
¥250(iTunes Store価格)
CD購入


オフィシャルサイトはコチラ!
FUKIの歌詞をもっと見る
PC版 FUKI インタビュー


LIVE
<横浜ワールドポーターズにてフリーライブ開催> イベントタイトル:World Summer Paradise 2018 日程:2018年7月16日(月) 会場:横浜ワールドポーターズ 2F汽車道側正面ゲート横 特設ステージ 時間:①14:00 ②16:00 HP:https://www.yim.co.jp/wsp/ イベントタイトル:VUENOS chillin 日程:2018年7月20日(金) 会場:VUENOS (〒154-0043東京都渋谷区道玄坂2-21-7 1F・B1F) 時間:OPEN 17:00 / START 17:20 料金:前売3,500円 / 当日4,000円 出演: 【LIVE】 S.L.B / sankara / SHiON / FUKI / Blue Vintage 【NAVIGATOR】 KYOHEY 【SUPPORTED】 DEFI CREATION / ALOHA RUG/ ONPA JAPAN / SANDAYS / ChiiCafe ※チケットはこちらから! http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002265002P0030001 <毎月1回、代官山LOOPにてライブ出演決定> イベントタイトル:「SOUL FLOWER」 日程:2018年7月25日(水)  会場:代官山LOOP 時間:OPEN 18:00 / START 18:30 料金:前売2,600円 / 当日3,100円 ※入場時にドリンク代が別途必要となります。 出演:QING / Yohei Chris / FUKI / 泉宏樹 and more!! ※イベント詳細&TICKET WEB予約はこちらから! https://www.live-loop.com/daikanyama/2154/
プロフィール
2012年より、シェネルや平井大などを手掛ける音楽プロデューサーのEIGOに見出され、共に楽曲制作を開始する。 2015年「キミじゃなきゃ」でメジャーデビュー。SNSでその歌詞をつぶやく女子が続出し一躍話題となる。 2016年2月に発売したConcept Album『キミへ 〜LOVE SONG COLLECTION〜』はiTunes Store J-POPチャート2位にランクイン。同年9月、LINE MUSICリアルタイムランキング1位を記録した「ホンモノの恋、はじめませんか?」などが収録された、1st Full Album『LOVE DIARY』をリリース。 2017年4月にはFm yokohamaにて自身がパーソナリティーを務めるレギュラー番組“YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN”がスタート。2017年夏、DefTechとしても活躍するSHENを招いたサーフチューン「TWO the OCEAN」、RIP SLYMEのPESと届ける甘く煌びやかなトロピカルハウス「TWO the PARADISE」などを収録した2nd Full album「LIFE DIARY」をリリース。 ナチュラルな歌声と寄り添うような歌詞、日常に海や自然を感じられるそのオーガニックなスタイルが多くの共感を呼んでいる。
コメント
うたまっぷレビュー TOPへ

うたまっぷTOPへ戻る
プレゼント 音楽活動 音楽交流 雑談
ひらがな歌詞ひらがな検索
投票ランキング
歌詞詳細検索・全文検索
© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.