歌詞検索 - うたまっぷ スマートフォン(SMARTPHONE)
EXILE
ATSUSHI作詞のNEWアンセム!【インタビュー:TAKAHIRO & ATSUSHI】
2013年第1弾シングルは、4/16より開催の5大ドームツアーのタイトルを冠したキックオフ・シングル。作詞はATSUSHI。EXILEとしての誇り、常に前へと進み続ける魂、固く結ばれた絆を胸に、熱い想いを書き下ろし。

EXILE
EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
01.EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
02.EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜(Instrumental)

Single 発売日:2013.4.3 RZCD-59349(DVD付き) RZCD-59350(CDのみ)
CD購入はコチラ!
■EXILEの歌詞をもっと見る
■インタビュー:TAKAHIRO & ATSUSHI
EXILEにとって2013年初のシングルが、4月3日にリリースされた。「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」と題された今作。これから何かに挑む直前かのような……EXILE史上いちばん力強いと言えるほど、身体の内から漲るパワーにあふれた作品になっている。
──2013年、EXILEは“EXILE PRIDE”という大テーマを掲げスタートしました。そんな大テーマを掲げた今年は、EXILEにとってどのような1年になりそうですか?
TAKAHIRO:今年のみならず“EXILE PRIDE”というものは、今までもそうですし、これからもそうですけれど、EXILEやEXILE TRIBEに属する全員が、各々の想いで各自が持っているものだと思います。その“EXILE PRIDE”を、2013年という特別な年にあえて一斉に掲げることで、またみんなの想いが一つになり、1年をとおしてEXILE PRIDEという想いを表現して、来年へとつなげていく。これまで活動してきたことを誇りにしながらも、次のステージを見据えていく……そういうキッカケになる年になると思います。
──そして、その大テーマが楽曲タイトルにもなっているシングル「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」が、4月3日にリリースされました。まずは、メンバー皆さんで、この楽曲を2013年1発目のシングルにしようと決められたんですか?
TAKAHIRO:まずATSUSHIさんが楽曲の提案をしてくださいました。ATSUSHIさんが書かれた歌詞には、どことなくEXILEらしさのなかにも新しさがあって、ATSUSHIさんがプリプロしてきた音源をメンバー会議で一同で聴かせていただき、全員一致で今年1発目のシングルとして決まりました。 ATSUSHI:実はこの曲は、もともと2〜3年ほど前に、僕の2回目のソロライヴでもツインドラムでドラムと、キーボードをプレイしてくれていた、ニューヨークにいるPHEKOOという僕の友人がEXILEのために書いてくれました。“もし機会があったら、使ってみてほしいな”と、作ってくれた曲なんです。昨年HIROさんから、“2013年は1年をとおしてEXILE PRIDEというテーマを掲げて、そのテーマでツアーをやっていくから、シングルにもEXILE PRIDEのイメージに合った楽曲を探してみてほしい”と相談を受けて、いろいろと曲を探していたんですけれど、ある日移動中の車のなかで音楽を聴いているときに、久しぶりにこの曲がかかって……。聴いた瞬間にピンときて、“この曲、HIROさんがおっしゃっていたイメージを具現化できるかもしれない”と感じたんです。そう感じた瞬間から、歌詞のイメージがバーっと湧き続けてきた。歌詞がどんどん湧いてきて、止まらなかったんです。来るべきときが来て、こうして形になった楽曲。曲にはその曲なりのタイミングや巡り合わせがあるんだなぁと、すごく感じました。
──スピード感と力強さがすごく感じられる曲調が印象的でした。
TAKAHIRO:メロディは4つ打ちなんですけれど、4つ打ちって結構ハッピーな気分になる楽曲が多いというか……。でもこの「EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜」は、明るさのなかにも無骨さと土臭さを感じられるような、そういう力強さも感じられる楽曲。2013年のEXILEを象徴するような……今年のEXILEの幕開けにふさわしい楽曲だと感じています。
── サブタイトルがついている楽曲も、EXILEとしてはめずらしいですよね。なぜ、“〜こんな世界を愛するため〜”という、印象的なサブタイトルをつけたのでしょうか?
ATSUSHI:EXILE PRIDEだけだと、どうしても僕らのひとりよがりだけの曲のように見えてしまうんじゃないか、と感じたんです。やっぱり、現代はすごく問題が多い世のなかですし、“PRIDEを持つ”ということは結果、この世界を愛するために、次の世代に向けて明るい未来を創っていくためにPRDIEを持つんだという想いを込めて、サブタイトルをつけました。
──ATSUSHIさんが作詞されていらっしゃいます。どのような想いが込められているのでしょう?
ATSUSHI:本当に重大で強烈な……“僕らのある想い”が込められています。今はまだ言えないんですが、4月になったら正式に発表できると思います。そして、今の自分たちが思っていること、次のステージに向かうときや何か新しいことに挑戦していくためのパワー、そのときに同時に生まれる不安……こういうことをメインに書きました。
──サブタイトルにもなっている“こんな世界を”というフレーズは、とても特徴がありますよね。TAKAHIROさんは、このフレーズにどんな意味があると思いますか?
TAKAHIRO:捉え方は人それぞれだと思うんですけれど……。決してキレイごとではなく、いい意味でも悪い意味でもすべてひっくるめて、現実を見ながら自分たちができることを一生懸命取り組んでいくことの大切さや強さ。そして、今この時代に生きている以上、そこからは逃げられないわけで、つらいことや悲しいこともたくさんあるけれど、そういう現実から目を背けずに、地に足をつけてしっかりと強く生きていく。そんなメッセージを個人的に込めています。それがEXILE PRIDEにもつながるのかなって。
──“新しい未来を 描こうとするほど 不安が押し寄せる this way...”という歌詞がありますが、このように感じることはありますか?
TAKAHIRO:常にあります。でも僕だけではなく、メンバーみんなが常日ごろ感じていることを、ATSUSHIさんが代表して代弁してくれたイメージです。こういう気持ちって、僕らEXILEメンバーだけではなく、一生懸命生きていればきっと誰しもが人生において感じることだと思いますし、共感していただけると思います。
──その先の歌詞ではすごく強さを増しますよね。
TAKAHIRO:EXILE PRIDEと謳っているけれど、歌詞に書かれた想いに共感しつつ、そして歌詞に書かれた想いを持ちながら、日々僕たちは一生懸命エンタテインメントに取り組んでいきたい。そこから笑顔やパワーをお届けして、日本中の方たちに喜んでいただけたら……。もちろん、プレッシャーやリスクもあったり、不安を感じることもあります。でも、だからこそエンタテインメントの世界があって、上手い、下手、カッコいい、カッコ悪い、そういうのではなく、エンタテインメントの真の世界を見せていくのがEXILE PRIDE。そういう僕らの意思表明の曲でもあると感じています。
──ATSUSHIさんとTAKAHIROさんお二人の歌い方も、今までの雰囲気と違い、すごくパワーに満ちあふれた、何かにこれから挑んでいくような……とても力強い印象を受けました。
ATSUSHI:そうかもしれない。“先人たちの想い”といった、少しめずらしいフレーズもあったりしますし、サビの“昨日までの時を超えて 繋がるはずの想い……”という部分は特に強いのかもしれません。これまでさまざまな人たちが、平和を願って歌を作ったり歌ったり、明るい未来を願って音楽に携わってきたり、もちろん音楽だけに限らず、武道をやってきたり、社会活動をしてきたり……と、明るい希望に満ちあふれた未来を願って活動されてきた人がたくさんいると思います。過去からその想いを今日までつないで想い続けている人も、僕やEXILEを含めたくさんいると思う。災害や貧困、犯罪、戦争など悲しい現実も多くて、悲しい想いやつらい想いをしている方がまだまだたくさんいらっしゃる世界だと思うので、この想いがこれからもきちんとつながり続けて、早く現実化してほしいと願っています。
──ATSUSHIさんとTAKAHIROさんは、今回久しぶりにお二人一緒にレコーディングされたそうですね。
ATSUSHI:そうですね。お互いのスケジュールもありますし、今までなかなかタイミングが合わなくて……。TAKAHIROはシンプルに、上手になったなぁと感じました。歌詞に出てくるひとつひとつの言葉は、そんなに難しい言葉を使っていないんですけれど、自分なりにすごく意識が向上していること、ある意味次の世代へとつながるシステムのようなもの、やっと見いだせた一つの道といったものが、ひとつひとつの言葉の背景にあります。この楽曲は、2013年のEXILEのテーマでもあり、EXILEメンバーみんなのテーマでもあり、ツアーのテーマ曲でもある。この曲から、本当の意味の力強さといったものを感じていただけたら、すごくうれしいなぁと思います。 TAKAHIRO:久々にATSUSHIさんと一緒にスタジオに入ることができて、ATSUSHIさんがディレクションをほとんどしてくれたんです。もちろん、僕に任せる部分は任せてくれたんですけれど、ATSUSHIさんにディレクションをしていただきつつ、僕は逆に探ることなく、自分が今までやってきた表現方法をそのままぶつけながらレコーディングできたので、すごくまとまりのある作品に仕上がりました。いい意味での二人感がありますし、統一感がいつも以上に出ているような気がしています。細かいんですけれど、技法的にも今までにはない、本当にめずらしい形になったと思います。ハモることはいつもあるんですけれど、今までのEXILEでもユニゾン(=同一の音高を同時に響かせること)ってそんなに多くなくて。でも今回の楽曲ではライヴもイメージしながら制作したこともあって、ユニゾンするポイントがたくさんありました。やっぱり僕ら二人の声でユニゾンすることで、いつも以上に力強さを表現できましたし、伝えたいメッセージがより伝わりやすくなったと思っています。改めてツインボーカルとしての喜びを感じました。
──今回のシングルは、4月16日からスタートするEXILEドームツアー“EXILE LIVE TOUR 2013 EXILE PRIDE”のテーマソングにもなっていますね。“EXILE単体”としてのツアーは2011年の“EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH〜願いの塔〜”以来ですが、今年のツアーはどのような感じになりそうですか?
ATSUSHI:先ほども少し述べたように、2013年はEXILEにとって節目の年になるので、もちろん毎年そうなんですけれど、今年は特に集大成的な……EXILEの12年の歴史を感じていただけるようなツアーになると思います。これまでのEXILEの代表曲を中心に構成し、自分でも曲順を見ただけでワクワクするくらい、すごく盛り上がるライヴになるんじゃないかな、と感じています。昨年にも増してさらにバージョンアップしたスケール感とステージで、よりいっそうパワーアップした僕らのエンタテインメントをお見せできると確信しています。僕もすごく楽しみですね。 TAKAHIRO:2011年の“EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH〜願いの塔〜”も、ある意味2012年のEXILE TRIBEツアーに向けてのツアーだったので、TRIBE感が出ていました。そういう意味では、EXILE単体でのツアーは2010年のスタジアムツアー以来なので、約3年ぶりになります。本当に久しぶりなので、EXILEをより濃く堪能していただけるツアーになると思います。EXILE TRIBEのツアーでは、“TRIBE感”を表現するために、エンタテインメントを幅広く、派手に賑やかに感じていただけたと思いますが、EXILEだけで表現するライヴは本当に久しぶりなので、個人的にも今までとは違った気合いが入っています。個人的なツアーのテーマは、いかに飽きさせることなく、EXILEを堪能していただくか。TRIBEツアーでは、TRIBEに属するさまざまなアーティストが入れ替わりパフォーマンスして、エンタテインメントに抑揚をつけていましたが、今回は1から10までの抑揚を自分の歌で表現していかなければいけない。また、僕らEXILEもそうですけれど、みんながそれぞれで頑張っていくことで、それが来年や再来年のエンタテインメントへとつながっていく。これから先の僕らのエンタテインメントがもっともっと贅沢な空間になるように、今年のツアーも気合いを入れて臨みたいと思っています。すごく楽しみですね。
──最後に、お二人にとってのEXILE PRIDEとは?
ATSUSHI:PRIDEって、本来持つ意味は“誇り”という意味だと思うんですけれど、自分自身のなかにあるEXILE PRIDEを考えると、“誇り”というよりも、僕はどちらかというと“責任”のような意味で捉えています。EXILEであることの責任や、EXILEとしてやっていくうえでの責任。僕らがエンタテインメントを発信していくことによって誰かを喜ばせることにつながるので、“PRIDEを持つ=責任を持つ”ということなのかもしれないなぁ、と感じていますね。決して背負うような重たい意味の責任ではなく、喜ばしい意味での責任であり、それが“誇り”へとつながっている。だからこそ、僕にとってのEXILE PRIDEは“責任”です。 TAKAHIRO:今の僕にとってのEXILE PRIDEは、“目標”です。もちろん今も、自分なりのEXILE PRIDEも持っていますが、これからの自分を見据えたとき“こういうEXILE PRIDEを持っていたい”という、EXILE PRIDEの在り方への憧れも抱いています。それは、僕が持っているEXILE PRIDEがもっと大きく威厳のあるものに……、もっと意味のある確固たるものにしていきたい、ということ。これから年齢を重ねていって、僕がEXILE PRIDEに抱いている憧れを、今のHIROさんの年齢になったときなのか、それよりも早くなし得ることができるのかはわからないですけれど、自分自身が発するEXILE PRIDEという言葉にもっともっと重みを持てるような人間に進化するためにも、EXILE PRIDEは“目標”だと感じています。
interview & edit_桜井麻美
EXILE
コメント
うたまっぷレビュー TOPへ

うたまっぷTOPへ戻る
プレゼント 音楽活動 音楽交流 雑談
ひらがな歌詞ひらがな検索
投票ランキング
歌詞詳細検索・全文検索
© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.